高反発マットレス エアリー

エアリーはどんな人におススメ?

ブレスエアー素材のエアリーはアイリスオオヤマの高反発マットレスですが、

 

それほど高くない反発力
ブレスエアーだから通気性は最高に良いけど寿命は短め

 

というのが大きな特徴です。

 

 

だから、エアリーは寝汗が多い人、耐重は軽めの人、マットレスの寿命よりも通気性を求める人におススメです。
ご年配の方や女性や体重軽めで腰痛に悩んでいる人にはおススメかもしれませんね。

 

エアリー
ブレスエアーで最もおススメの高反発マットレス エアリーの公式サイト

 

それではここからはこのサイトでおススメしている高反発マットレスの比較方法、選び方の観点でエアリーを徹底レビューしてみます!

 

 

エアリーの反発力は?

 

エアリーは102ニュートンとちょっと反発力は低めなので体重は軽めの人がおススメです。

 

 

102ニュートンという反発力なので柔らか味はかなり感じると思います。
体重が重い人にとってはちょっとやわらかすぎて低反発マットレスのように腰が沈み込んでしまって腰痛の原因になる可能性があります。
体重は50Kg前後の方がいいでしょうね。

 

今まで低反発マットレスのように柔らかいマットレスに寝ていて腰痛がある人はちょっとおススメできません。

 

 

エアリーの体圧分散は?

 

エアリーは3次元のスプリング構造で体圧分散能力はかなり高い高反発マットレスです。
睡眠中の寝返りをサポートするのにはかなり優秀なマットレスと言えます。

 

 

 

エアリーの通気性、耐久性は?

 

エアリーはブレスエアー系素材のエアロキューブでかなり通気性は高いです。
95%が空気の素材なので通気性は抜群です。
ウレタンフォームの高反発マットレスと比較したら通気性の良さはかなり高いマットレスと言えます。

 

ただ、エアロキューブというブレスエアー素材は熱には弱く耐久性はウレタンフォームと比べるとかなり劣ってしまいます。

 

これは高反発マットレスの素材 ウレタンフォームとブレスエアーでも解説してますが、ブレスエアーのメリットとデメリットという意味では宿命ですね。

 

個人的には寿命が短い、耐久性の弱いブレスエアーの高反発マットレスよりはウレタンフォームの高反発マットレスの方がおススメです。

 

 

エアリーのメンテナンス性、快眠性は?

 

エアリーのメンテナンス性もその素材の特徴そのものです。
ブレスエアーなので軽くて水洗いもOK、もちろん素材の95%が空気なのですぐに乾いてくれます。

 

寝汗でマットレスがかびるとか臭くなるといった心配はほとんどありません。
ただ、通気性が高いので寝汗が下に落ちてしまうのでマットレスの下にカビが発生してしまう可能性が高いので敷きパッドは必要です。

 

 

また、夏は通気性が高いので敷きパッドがなくてもかなり快適にねることが出来るはずです。
ブレスエアー系素材のマットレスの寝心地はかなり高いですからね。
ただ、冬は通気性が良すぎてちょっと寒いかもしれません。

 

特に腰回りが冷えてしまったら腰痛にはかなり悪影響を与えてしまうので注意しましょう。
この意味からもウレタンフォームの高反発マットレスの方がおススメですね。

 

 

エアリーの価格帯は?

 

エアリーもアイリスプラザから色々な種類の商品が販売されてますが、ブレスエアーとしては安めの価格帯です。
同じブレスエアー素材の高反発マットレスのエアウィーヴを購入するならエアリーの方がいいかもしれませんね。

 

とはいっても、シングルで4万円近くなので高品質なウレタンフォームの高反発マットレスと同じような価格帯ですね。

 

エアリーの価格をチェック!

 

エアリーはどんな人におススメか?

 

以上のエアリーの特徴、評判を踏まえてどんな人におススメかというのをまとめてみます。

 

寿命よりも通気性

エアリーはブレスエアー素材の高反発マットレスなのでどうしても高い通気性、低い寿命という特徴があります。
なので、より長く使うよりもより高い通気性を求めている人にはおススメです。

 

体重は重くない方が良い

エアリーの反発力はそれほど高くないので体重は50Kg前後が良いでしょう。
特に体重が80Kgとかあって腰痛で悩んでいる人にとってはエアリーはちょっと柔らかすぎるかと。。。

 

低反発マットレスのように腰が沈み込んでしまう、又は底付き感を感じてしまうので腰痛にはあまり改善される可能性が高くない気がします。
体重は50Kg前後の人がいいでしょうね。

 

 

エアリーは軽くてメンテナンスも楽なので、女性又はご年配の方にはいいのではないでしょうか?

 

同じブレスエアー系の高反発マットレスのエアウィーヴと比較した場合、コストパフォーマンスを考えたらエアリーがいいでしょうね!

 

ブレスエアーで最もおススメの高反発マットレス エアリーの公式サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係