セルプールハイブリッドマットレスEXの特徴と評判を徹底

日本人にも愛される欧米生まれのセルプール・ハイブリッドマットレス

セルプール・ハイブリッドマットレスは、もともと欧米人むけに開発された商品で、ベッド用マットレスの上に敷くマットレスパッド(いわゆるトッパーとかオーバーレイマットレス)ですが、日本では敷布団の上に重ねたり、セルプール単体で敷布団代わりに使っている人もいます。

 

セルプール

 

厚みは敷布団と同じくらいで三つ折りにして押入れに片づけられるし、軽くて持ち運びもしやすいから日本人のライフスタイルにとっても適しているので日本でも人気のマットレスです。

 

このセルプール・ハイブリッドマットレスの特徴やどんな人が購入しているのか、そして購入者の評判などを解説します。

 

 

セルプール・ハイブリッドマットレスEXの特徴

 

セルプールは、発砲ウレタンの中にユーカリの木から作られたテンセルパウダーを結合させている高機能ウレタンフォームで、ウレタンフォームの課題である吸放湿性を大きく改善させています。

 

波型水平線カットという独特の表面形状と2ステップ弾力を採用することで、一般的な高反発ウレタンフォームの約1.5倍にまで通気性が高いのが特徴です。

 

 

この水平方向のカットは、ヨーロッパの医療機関では床ずれ予防に古くから使われていた形状で、筋力がおちた人でも寝返りが打ちやすくて通気性もいいことが実証されています。

 

 

また、セルプールは本体のウレタンフォームだけじゃなく、カバーの組成にもテンセルを配合していて、シルクよりもやわらかく、コットンよりも給水性があるテンセルはさらさらとした肌ざわりで気持ちよく眠りにつける素材が使われてます。

 

 

というわけで、セルプール・ハイブリッドマットレスEXの特徴を簡単に言うと寝返りの打ちやすさの加えて、湿度の高い日本に向けた通気性の高い高反発マットレスと言えます。

 

セルプール・ハイブリッドマットレスEXはこんな人が購入している!

セルプールを購入している人を要約してみます。

 

  • いままで低反発マットレスを使っていたから、硬い高反発マットレスにいきなり変えるのは怖いと思った人
  • 通気性の高さをとても重視している人(フローリングにマットレスを直置きしたい人)
  • 複数の商品を比較して自分に合うマットレスを慎重に選んでいる人
  • 腰痛に悩んでいる人

 

セルプールの最大のウリである「きわめて高い通気性」に魅力を感じた人が圧倒的に多いですね。

 

 

湿気と布団のカビは日本人にとってとても大きな悩みの種です。
最近は和室がない住宅が多いですが、ベッドじゃなく床に布団を敷いて眠りたい人はまだまだ大勢いますからね。

 

和室

 

そして、日本人の多くはきれい好きなので、カバーをはずして洗濯できる点もかなりポイントが高いですよ。

セルプール・ハイブリッドマットレスの価格

セルプールには4種類のサイズがあります。

 

サイズ別の通常価格は、

 

シングル 幅98cm×長さ197cm×厚さ8cm 54,000円
セミダブル 幅118cm×長さ197cm×厚さ8cm 67,500円
ダブル 幅138cm×長さ197cm×厚さ8cm 81,000円
クィーン 幅158cm×長さ197cm×厚さ8cm 97,200円

 

また、EXタイプは面ファスナーを開いてトッパーとアンダーをセパレートできます。
湿気やほこりがたまりやすいトッパーはこまめに洗濯したい人は、洗い替えがあると便利ですよね。

 

トッパータイプも

セルプール・ハイブリッドはトッパーは単体でも購入できます。
トッパーのサイズ別の通常価格は、

 

シングル 8,640円
セミダブル 9,720円
ダブル 10,800円
クィーン 11,880円

 

ほかに、ピロー(枕)とサイズに応じた専用シーツも販売されています。

 

トッパーやピローの表面カバーはもちろんですが、なんと専用シーツの素材も44%がテンセルです。

 

専用シーツは吸湿性と肌ざわりが良いだけじゃなくある程度の厚みがあるので、トッパーの傷みを防ぐ効果もあります。

 

ふつうのシーツに比べるとやや高いと感じるかもしれませんが、テンセル素材のシーツとしては一般的な金額ですよ。

セルプール・ハイブリッドマットレスEXの性能

セルプール

 

セルプールの魅力は吸放湿性と通気性の高さだけではありません。

 

セルプールの密度はなんと50〜55D、これは一般的な高反発ウレタンフォームの約2倍に相当する高密度です。

 

さらに、反発弾性率は63%で一般的な高反発ウレタンフォームの約1.5倍です。

 

 

 

そして、密度も反発弾性率も高いセルプールは、単に硬いだけのマットレスじゃなく、適度なやわらかさ(弾性)があって寝心地がよく、体圧分散性にもすぐれたマットレスなんです。

セルプール・ハイブリッドマットレスEXに返金保証はある?

セルプールには返金保証はありませんが、中芯の本体マットレスには3年間の品質保証がついています。

 

保証の内容は「ウレタンフォームに極度の変形が生じた場合」。

 

「極度の変形」ってちょっとあいまいな表現ですが、要するに通常では考えられないほどひどい変形という意味でしょう。
つまり、不良品への保証です。

 

 

セルプール・ハイブリッドマットレスは、公式サイトだけじゃなく楽天やアマゾンといったショッピングモールで購入してもちゃんと保証がついているので電化製品を買うときと同じ感覚で、あなたが買いやすいサイトから購入すればよいかと思います。

セルプール・ハイブリッドマットレスEXの販売店は?

セルプール・ハイブリッドマットレスEXは、公式サイトのほかに楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングでも購入できます。

 

公式サイトよりショッピングサイトの方が安く買えるので、ネットで買うならショッピングサイトで購入する方がお得です。

 

 

ただし、販売価格はサイトやショップによって若干異なります。

 

 

見た目の金額でいうとAmazonがいちばん安く買えますが、ショップによってポイント還元率がちがうので、単純に販売価格だけで比較したら損をするかもしれないので、価格とポイント還元を考慮して購入するのがおススメです。

 

 

セルプール・ハイブリッドマットレスEXの評判(良い面悪い面)

セルプールはネットでしか購入できないので、購入者の口コミ投稿が大きなたよりですよね。

 

もっとも多くセルプールの口コミが投稿されているのは楽天市場です。

 

楽天市場でセルプールを取り扱っているショップは複数ありますが、どこのショップも評価の割合は似ていて、全体の80%以上の人が★4つ以上の高評価をつけています。

 

 

まずは、いい口コミの内容を見ていくと、

 

  • 1日目から良さを実感!
  • 予想以上に寝心地がいい
  • 通気性が良く涼しい
  • 腰痛が少し良くなった

 

などなど、通気性や寝心地に満足しているだけじゃなく、腰痛が楽になったという人もいます。

 

 

そして、おどろくべきことに★2つ以下の悪い口コミはほとんどありません。
複数のショップを調べてようやく1件だけありました。その内容は、

 

  • 半年でへたった

 

 

セルプールには3年間の品質保証があるので、本当にひどいへたりが出たのなら問い合わせをすると対応してもらえるはずです。

 

「すぐにへたった」というクレームはどんなマットレスの口コミ投稿にもかならずありますが、半年でへたることはまずありえません。

 

 

また、★4つ以上の高い評価をつけているけれど、

 

  • やや硬い
  • 単体で使うとちょっと背中が痛い

 

といった不満を書いている人もちらほらいます。
セルプールはもともとマットレスパッドなので、硬い敷布団が好きな人でなければ単体ではやや硬いと感じるのは当たり前です。

 

うすい敷布団に慣れていない人は、ベッドマットレスや敷布団とセットで使用するのがおすすめです。

 

 

セルプール・ハイブリッドマットレスEXのまとめ

セルプールハイブリッドマットレスEXは独自の構造と高い性能で評判もいいことが分かりましたが、その特徴と評判をかんたんにまとめました。

 

特徴

  • ヨーロッパの大手メーカー2社が共同開発した信頼できる商品
  • 通気性は一般的な高反発ウレタンフォームの約1.5倍!
  • 約2倍の高密度と1.5倍の反発弾性率で体圧分散性にすぐれ寝心地も良い
  • 本体には3年間の品質保証がある
  • 分割してトッパーだけ洗濯できる
  • サイズは4種類あり、シングルサイズは35,000円から購入できる

 

 

評判

  • 口コミ評判はきわめて良い(80%以上の人が★4つ以上の高評価!)
  • 予想以上に寝心地がいい
  • 通気性がよくて涼しい
  • 腰痛対策にも効果が期待できる
  • 単体で使うとちょっと硬い

 

評判もかなり良いし、何より洗えるウレタンマットレスというのは革命的ともいえるこのセルプール・ハイブリッドEX、ものはかなり良いのであとはマーケティングに力を入れれば日本でも爆発的に売れそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係