体圧分散に優れた高反発マットレスを選ぶのに覚えておきたい2つ!

高反発マットレスの体圧分散のポイントは

硬めの布団で寝ると体の凹凸に合わせてマットレスが体にフィットしてくれないので骨盤や肩甲骨など体の一部に大きな圧力がかかります。
こうなると、肩や腰の痺れや痛みにつながってしまいますね。

 

体圧分散に優れているのは低反発マットレスですが、反発力が低すぎので腰の部分が沈み込んでしまって腰椎が曲がってしまう可能性もあります。
腰痛におススメなのは、体圧分散に優れていて、反発力があるマットレスです。

 

ただ、良い高反発マットレスを選ぶための3つの指標!で解説している通り、マットレスの反発力はあなたの体重に適したものじゃないとうまく体圧分散してくれないので注意が必要ですよ。

 

で、あなたが自分の体重に合った反発力のマットレスを見つけた後、体圧分散で気にしてもらいたいことはこの2つ。

 

1枚のマットレスか折り畳み式のマットレスか
体を支えるのは面か点か

1枚のマットレスか折り畳み式か

特に1人暮らしでそれほどお部屋が広くないところに住んでる方にとって、収納に便利な折り畳み式のマットレスは魅力的ですね。
簡単に畳めて、収納できますので。

 

ただ、

 

折り畳み式のマットレスで1つだけ短所をあげるなら、折り目の部分があるので体圧分散の観点で劣ってしまうということ。

 

折り畳み式マットレスの折り目部分はマットレスの反発力がゼロになってしまいます。
折り畳み式マットレスのデメリット

 

 

その意味で、それほど大きな差ではないんですが、折り目のない1枚のマットレスと比較すれば体圧分散という意味では折り目のないマットレスの方が優れています。

 

高反発マットレスの購入を検討している人は、体のメンテナンスに重点を置いているはずなので、小まめに押し入れなどに収納しなくちゃいけない状況でない限り折り目のないタイプのマットレスがおススメです。

 

 

体を支えるのは面か点か

一口で高反発マットレスと言っても、マットレスで使われている芯材や形状は様々です。

 

体圧分散や体へのフィット感の観点から、私はウレタンフォームの高反発マットレスがおススメすることは、高反発ウレタンの特徴は?3分でわかる高反発マットレスの素材で触れましたが、ウレタンフォームでも体を面で支えるタイプと点で支えるタイプがあります。

 

点で支える

 

一般的には体を面で支えるタイプのマットレスが主流ですが、西川エアーや雲のやすらぎプレミアムなどウレタンに特殊加工をした点で支えるタイプのマットレスも今は流行ってますね。

 

 

点で支えるタイプのマットレスの良いところは、寝返りを打った時や横向きに寝た場合でも面で支えるタイプのマットレスと比べてより均等に体の圧力を分散してくれると言われてます。

 

また、点と点の隙間があるため通気性も高いのも特徴です。

 

 

ただ、面で支えるタイプのマットレスと比較して価格も高くなってくるし、体を支える部分が点なのでマットレスも消耗しやすくなるので、短サイクルで交換することをおススメします。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係