ニトリのマットレストッパーの賛否両論

ニトリのマットレストッパーにはメリットとデメリットがありますよ

トッパータイプではニトリの高反発マットレス トッパーが有名ですね。

 

今使っているマットレスや敷き布団の寝心地をもうワンランク上にしたい方に人気です。

 

ニトリトッパーマットレス

 

ニトリの商品なので価格帯も手ごろで、寝具を買い替えることなく気軽に高反発マットレスを体験することが出来るのがメリットです。

 

ただし、

 

購入しやすい値段設定となっていることで、デメリットも当然ながらあります。

 

トッパーのデメリットのひとつが、耐久性がそれほど高くないというのがあります。

 

もちろん使い方などにもよりますが、

 

同じ体重、体格の人が同じように使用した場合、ベッドマットレスタイプの高反発マットレスと比較すると、トッパーの場合は寿命が短めです。

 

 

また、当然ですがトッパー単独でベットに敷いたりフローリングに敷いたりして使うのには不向きです。

 

 

 

 

 

ニトリの高反発マットレストッパーモデル別の厚さと価格

 

価格の安さで知られるニトリの商品マットレスなので、ニトリのトッパーマットレスの価格帯も比較的安めに設定されています。

 

低反発シリーズもありますが、今回は高反発モデルの厚さや参考価格をリストアップします。

 

モデル 厚さ サイズ 参考価格
デオドラ2.5H 2.5cm シングル 4,753円
セミダブル 5,705円
ダブル 6,658円
デオドラ4H 4cm シングル 7,610円
セミダブル 8,562円
ダブル 9,515円
デオドラエアー7H 7cm シングル 9,250円

 

デオドラエアー7Hはシングルのみだけのようですが、これだったらトッパーじゃなくてベッドマットレスとしてもギリギリ使えるかもしれませんね。

ニトリの高反発マットレス トッパーの体圧分散

トッパーはそれ自体で使用するマットレスではなく、すでに使用しているマットレスや布団などの上に敷くことで使うタイプの商品です。

 

そのため、体圧分散においては、全身の荷重を効率的に分散するほどの効果を期待するのは難しいでしょう。

 

マットレス自体の構造で体圧を分散するのではなく、既存の布団やマットレスの厚みや吸収力を利用して身体を支える方式になっていますので、どうしても組み合わせる布団やマットレスの仕様に左右されてしまいます。

 

そのため、トッパーの体圧分散を最大限に引き出したいのであれば、高反発のマットレスと組み合わせるか、体圧分散にすぐれた布団などに重ねるなどといった工夫が必要です。

 

 

ニトリの高反発マットレス トッパーの耐久性

上に書いたように、ニトリのトッパーは、それ自身で高度な体圧分散を実現したり、快適な寝心地を提供する高機能タイプの商品ではありません。

 

価格面で購入しやすいというメリットがありながら、すでに使っている布団やマットレスに重ねるかたちで、より快適な寝心地を獲得するという目的で使用する商品ですので、これを購入することによって必ず腰痛が治るなどといったことは期待すべきではないでしょう。

 

そのため、耐久性についてもユーザーの使い方に左右される傾向にあり、体重や体格に合わせて必要な厚みを選択していれば比較的長く使うことができます。

 

布団を干すタイミングで一緒に天日干しをすることで、マットレスのなかに蓄積された湿気を逃がすことができますので、定期的に干すようにしましょう。

 

ニトリの高反発マットレス トッパーの快眠性、メンテナンス性

日ごろ使っている布団やマットレスにトッパーを重ねることで、より快適な眠りを期待することができます。

 

布団やマットレスにさらに厚みが追加されることで、よりしっかりと身体全体を包み込んでくれるようになるだけでなく、全身の荷重を適度に分散してくれます。

 

腰や首など身体の一か所に全体重がかかってしまうような睡眠環境に悩んでいるのであれば、睡眠の質を改善することができます。

 

比較的厚みの薄い商品ですので、マットレス自身の重さもそれほどなく、ベランダで干すために運んだりする際にも苦労をすることはないでしょう。

 

くるくると丸めたりするのも手軽に行うことができますので、使わないときに押し入れに収納したりするのも楽ちんです。

 

高反発マットレスとしての機能性はそれほど高いとは言えませんが、取り扱いは高齢なかたや女性であってもとても簡単に行うことができます。

 

 

まとめ!高反発マットレス ニトリトッパーはどんな人におススメ?

 

個人的にニトリの高反発マットレス トッパーには安いという以外のメリットは感じてません。
ただ、その安さも耐久性という意味で考えると、つまり複数年にわたるコストパフォーマンスを考えるとあまりよくないと感じてます。

 

価格も寝具の良し悪しを決める重要な指標なので安いことはいいことですけどね。
とは言っても高反発マットレスを最初に購入する際の試しとしてはいいかもしれませんね。

 

 

今一番人気のあるトッパータイプのマットレス

 

低反発マットレスの包み込むような柔らかさと体圧分散機能と、体を押し上げる反発力、高い通気性能を兼ね備えていることで世界で一番人気のエムリリートッパーマットレスが日本でもようやく日本でも人気が出てきましたね。

 

 

コンセプトは低反発でもなく高反発マットレスでもない、優反発マットレス。

 

 

 

正直トッパータイプのマットレスについてはあまり好きじゃないんですが、エムリリーは高い耐久性もあって別格です。

 

多少お値段も高くなりますが、トッパータイプなので普通のマットレスと比べればリーズナブルですね。

 

 

また、今なら肩こり、イビキ対策で売れてるニューネックピローも特典として無料でもらえます。

 

ただ、エムリリー公式サイト限定のキャンペーンということと、期間限定なのでもし終わてたらスミマセン・・・。
エムリリー枕

 

 

 

私はサッカーに詳しくないんですが、マンチェスターユナイテッドというイングランドのサッカーチームの公式寝具パートナーになっていて、ヨーロッパをはじめ世界で最も有名なトッパーマットレスだけあって性能は抜群です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係