マニフレックス ハットトリックは筋肉質な男性の体を癒す

マニフレックス ハットトリックはお手入れ簡単な高反発マットレス

さまざまな高反発マットレスを世に送り出しているマニフレックス社の商品のなかで、ハットトリックの大きなメリットとしては、側地を取り外して洗濯することができるという機能があります。

 

 

これまでの高反発マットレスでは、天日干しをするか風通しの良いところに立てかけておくかなど、たまった湿度を放出する方法は限られていました。

 

ところが、ハットトリックでは、マットレスの周囲の生地を取り外して洗えるので、より清潔に、快適に使用することができます。

 

しかも、側地はエリオファイバーという新しい素材で作られていて、吸湿性や速乾性の両面で優れています。

 

 

特にウレタン素材の高反発マットレスはメンテナンスしないとカビたりしやすいのでお、お手入れ簡単な高反発マットレスは嬉しいですね。

 

ただ、ちょっと高価格で持ち運びには不便

 

デメリットとしては、芯材が厚み14センチと厚めなので、日常の取り扱いにおいては重くて女性や子どもでは運ぶのに苦労をするということはあります。

 

 

マニフレックス ハットトリックの反発力

マニフレックスの反発力は170ニュートンと高反発マットレスの中でも反発力は高めです。
なので、どちらかというと女性というよりは筋肉質な男性向きと言えますね。

 

マニフレックス社のハットトリックでは、エリオセルと呼ばれる新しい素材でマットレスが構成されています。

 

 

多くの高反発マットレスにおいては、マットレスの表面温度が高くなるにしたがって、表面の硬度が低下していく傾向にあります。

 

そのため、横になっている時間が長ければ長いほど、反発力が落ちてきてしまうという特徴がありましたが、

 

高反発マットレスメーカーのマニフレックスの素材エリオセルでは、表面温度が高くなっても反発力が変化しづらいという傾向があります。

 

 

そのため、寝床についたころと朝に起きるころで反発力がほぼ変わりませんので、一定した効果を期待することができます。

 

 

マニフレックス ハットトリックの体圧分散

ハットトリックで使用されている新しい素材、エリオセルのもうひとつの特徴としては、表面温度に左右されずに一定の反発力を保つというものがありますが、それに加えて、表面にかかる体重を均一に分散させてくれるという高い体圧分散力もあります。

 

高反発マットレスを利用するうえで大切なのが、表面の硬度と体圧分散力です。
ハットトリックは、身体を委ねた際に単純に沈み込むだけでなく、適正な姿勢に保つために各部位が反発するようにできていますので、正しい姿勢を維持することができます。

 

 

 

マニフレックス ハットトリックの耐久性

ハットトリックでは、側地が取り外せる機能があるので、使用期間が長くなって汚れなどが目立つようになった際には、側地を買い替えることで見た目に新しくすることが可能です。

 

 

芯材については、ユーザーの使用状況に左右されるところがあり、適切に取り扱わないとへたりが起きやすくなってしまいます。

 

 

マニフレックス ハットトリックの快眠性、メンテナンス性

ハットトリックでは、すでに書いたように側地を取り外して洗濯できるという特徴がありますので、汗をかきやすい夏場などには、マットレスを比較的クリーンに保つことができるようになっています。

 

ただし、

 

 

マットレス自体の厚みとそれに伴う重さはありますので、

 

毎朝マットレスを持ち上げて風通しの良いところに移動したり、ときには天日干しをしたりといった場合に、女性ひとりでは運ぶのが大変です。

 

 

 

マニフレックス ハットトリックの価格帯

ハットトリックはサイズに応じて価格が異なります。
シングルサイズは44,000円、セミダブルでは55,000円、そしてダブルサイズでは66,000円に設定されています。

 

身体の大きなユーザーなど、マットレスのサイズをカスタムオーダーしたければ、サイズオーダーのプランが用意されています。

 

この場合、一律で90,000円となっています。

 

 

マニフレックス ハットトリックの価格をチェック!

 

ハットトリックはどんな人におススメか?

側地を取り外して洗えることから、清潔好きなひとに特におすすめな高反発マットレスです。厚さと重さがある程度あることを納得できれば、納得して使用することができるでしょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係