高反発マットレスの選び方と比較の仕方を徹底解説!

自己紹介

このサイトをご覧いただきありがとうございます。

 

私は寝具業界で働いていないし、家具屋さんで働いているわけでもありません。

 

 

私の職業はITコンサルタントです。

 

 

様々なクライアントのITシステムを導入するにあたって、

 

現在の問題点は何か?
あるべきITシステムの姿は何か?

 

といったことを調査しながら会議を重ね、
システムを調査し、
資料を作り、
設計し、
システムを構築し、
テストし、
稼働させる。

 

という仕事です。

 

 

当サイトの高反発マットレスとは仕事上直接関係ありません。

 

 

IT業界は腰痛や肩こりとの戦い

 

IT業界はコンサルタントも、プログラマーもシステムエンジニアも殆どみんな腰痛や肩こりと戦ってます。

 

夜は遅く、朝は普通。

 

満員電車に揺られクライアント先で仕事する。

 

こんな毎日なので、自分の体のメンテナンスには非常に気を使わなければなりません。

 

 

私は10年以上ボンネットコイルのマットレスを使ってましたが、毎朝起きると腰が痛く通勤が億劫に感じてました。

 

そんな時、高反発マットレスが腰痛には良いということを聞いてよく調べました。

 

 

最初は1万円未満の安物を試しました

 

最初は通販で1万円未満の安物の高反発マットレスを試しましたが、

 

2,3か月もするとマットレスに出来た窪みが戻らないという現象が起きてますます腰痛が悪化する始末。
あと、臭いも気になりました。

 

これはマットレスの”へたり”というやつで、安物のマットレスにはよく起きるそうです。

 

ということで、毎晩仕事から帰ってくると高反発マットレス、マットレスについて徹底的に調べました。

 

 

ITコンサルタントが高反発マットレスを解説する

 

寝具屋さんが解説するサイトとはちょっと違いますが、ITコンサルタントとして

 

ネットの情報だけじゃなく、寝具屋の店員さんと会話し、書籍も読み、

 

出来るだけ数値に基づいた客観的な分析と
実際に自分が試した主観的な感想

 

を織り交ぜながら高反発マットレスを解説したつもりです。

 

 

結局は自分が今現在使ってすごく満足している高反発マットレスを推してしまうのはご愛嬌ということでお許しください。

 

なるべくわかりやす解説したつもりですが、もしご不明な点等ございましたらご連絡いただけると幸いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
高反発マットレス 選び方と比較 腰痛と睡眠の関係